メンズヘアマニキュア

トリートメントタイプの白髪染めのメリットとデメリット

白髪が染まる仕組み

ヘアカラートリートメント
白髪染めトリートメントは、毎日のシャンプーの後に使うことによって徐々に白髪が染まっていきます。

 

白髪が染まる仕組みとしては、使用すると髪の外側から内側に色素が浸透していきます。

 

これを繰り返し行うことで、少しずつ色素が浸透および蓄積されていきます。

 

使われている染料は、HC染料、塩基性染料、植物染料などでこれら全てかあるいはいずれかの染料とトリートメントが組み合わされています。

 

尚、ヘアカラーのように黒髪を明るく染めることはできません。

 

白髪染めトリートメントのメリット、デメリット

このタイプの白髪染めを使うメリットとしては、髪や頭皮へのダメージが少ないことです。

 

また、美髪成分が含まれているので使えば使うほど髪がキレイになります。

 

使い方も塗ってしばらく放置した後に洗い流すだけで良いのでとても簡単で、一般的な白髪染めのように様々な道具を用意しなくても素手で使用できる点も魅力の1つです。

 

また生え際から少しずつ染まっていくので、自然な仕上がりを期待することができます。

 

一方デメリットとしては、1回では染まりきらないので繰り返し使用する必要があることです。

 

途中で使用を止めてしまうと元の白髪に戻ってしまいます。

 

また商品によって染まりにくい上に価格が高いものもあるので、購入する際は口コミなどを確認してから買うようにしましょう。

 

こうしたメリット、デメリットがありますので、良く考えて使用すると良いでしょう。