メンズヘアマニキュア

ヘアカラーの髪の毛が染まる仕組み

ヘアカラーの仕組み

ヘアカラー

ヘアカラーが染まる仕組みは、髪を漂白することで無色の状態にし、好きな色を入れるというものです。

 

染める前は、キューティクルが閉じているので、アルカリ剤でキューティクルを開き、染料を入れやすくします。

 

その開かれたキューティクルから入れた染料と化学反応を起こし、漂白と発色を行います。

 

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染め、どちらも同じ毛を染めるものですが、色素が入っていない白髪を染めるのと、色素が入っている黒髪を染めるのとでは、染めるメカニズムに違いがあります。

 

白髪は通常のおしゃれ染め(ヘアからー)やブリーチでは染まりません。化学反応させるための色素がない為染めることができないのです。

 

白髪染めはメラニン色素のない箇所にも色を入れることができます。

 

染色のアイテムはいろいろあります。ヘアカラー、ヘアマニキュア、スプレーなど。どれも色を付けるものということにかわりはありませんが、ダメージがきになる方も少なくないのではないでしょうか。

 

基本的にヘアマニキュアとスプレーは。表面に染料を付着させるだけなので、ダメージはありません。

 

ヘアカラーは、ダメージが大きいと言われていますが、それよりもブリーチがよりダメージが大きく、もっとも激しく損傷させる施術と言えます。

 

明るい色に染めるほどブリーチをするため、ダメージも大きくなります。状態によって使い分けるのがいいかもしれませんね。