メンズヘアマニキュア

市販のヘアカラーは髪や頭皮へのダメージが大きい

市販のヘアカラーが髪や頭皮へのダメージが大きい理由

ヘアカラー

市販のヘアカラーであれば素早く白髪染めを行うことができますし、安く染めることができます。

 

しかし、髪や頭皮には刺激が強いので、どうしてもダメージを受けてしまいます。

 

髪の毛にはキューティクルがあります。キューティクルはウロコのように重なり合い、髪の毛を守っています。

 

市販のヘアカラーの場合には、その大切なキューティクルを開かせて、色を染めていく処方になっています。

 

キューティクルが傷付くことにより、髪の毛はハリを失い、乾燥してパサパサになってしまいます。

 

また、髪の毛を染めるときには頭皮に薬剤が付いてしまいます。

 

市販のヘアカラーは刺激の強い化学物質ですので、デリケートな頭皮に付いてしまうと、どうしてもダメージに繋がってしまいます。

 

頭皮が傷付くと薄毛の心配もありますのでヘアカラーの使用には注意が必要です。

 

髪や頭皮を傷付けずに白髪染めをするには

髪や頭皮を傷付けずに白髪染めをするには、キューティクルを傷付けない白髪染めを使用することです。

 

ヘアマニュキアやトリートメントタイプの白髪染めを使うことでダメージを抑えて白髪を染めることができます。

 

ヘアカラーは刺激が強く、一回染めたら期間をあけないと使うことができませんが、トリートメントタイプなど低刺激の白髪染めであれば、毎日でも使うことができます。

 

頭皮を傷付ける心配もありませんので、根本ギリギリまで染めることも可能です。